がんや脳卒中で残高がゼロの特約

がんなどの病気になると銀行の住宅ローンの残高がゼロになるなど、
基本契約以外の特約サービスが登場しているとのニュースがありました。

ご主人が組んだ住宅ローンの支払い中に、ご主人が亡くなると、
住宅ローンの返済が無くなると言われているのは、
銀行で住宅ローンを組む時に、団体信用生命保険(団信)にも加入するため、
ローン返済中に当事者が死亡しても、保険会社が代わってローン残高を支払うので、
返済が全額免除されることになります。

最近は、この基本契約に加えて、がんなどの大きな病気になって働けなくなると、
残高がゼロになる特約が増えているとのことです。

住宅ローンの心配をしないで、治療に専念できますね。
治療中は、心配事は少ないほうが良いですから。

でも、子供の頃からの病気などで、団信に加入できない人は、
住宅ローンを組むことができなく、住宅を購入したいと思ったらどうなるの?って思うんです。

ずいぶん条件が緩和されてきたとは言え、他の生命保険なども、
既往症があると加入できないことが多いのではないでしょうか。

私は立て続けに2回も手術を受け、
「入院給付金を多くしておいて良かった~♪」と思いましたが、
これは若いときは病気がなく健康だったから助けられたんですよね。

既往歴がある人は、入院などのリスクが高いから・・・と言うのは良く分かりますが、
病気があっても加入できる保険が増えたら嬉しいなぁと私は思うのでした。

スポンサーリンク

コメント

  1. 春一番2014年2月4日 00:30

    私は健康診断でE判定(脂肪肝)です、なので新たな保険に入ることが出来ません。
    健康なうちにもうちょっといい保険に入っていれば良かったなと思いました。
    まあ、痩せればいいんでしょうが、なかなか難しいです・・・・・

    返信
    • 春一番さん、こんにちは(^O^)

      保険会社の人が「健康だからこそ保険加入の検討を」と
      言っていたことを想い出し、保険は健康な人のためのものだと、
      改めて思いました。

      だんだん、加入条件が緩くなっているとは言え、
      長期に渡って治療している者は厳しいんですよね・・・。

      返信

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください