がん検診協力事業所登録制度

山口県では、「従業員に胃、肺、大腸、乳、子宮頸がん検診のいずれかの受診推奨や、
受診への積極的な配慮」などの要件を満たした事業所を、
「県がん検診受診促進協力事業所」に協力事業所として登録する制度を設けたとのニュースがありました。

県のHPで事業所名を公表したり、県の業務委託で政策入札制度への参加登録できるなどの
メリットがあるそうです。

そして、登録された事業者は、がん対策推進への協力や、
がんに罹患した従業員やご家族が療養しやすい環境への配慮や、
がん経験を理由に不利益な扱いを受けない配慮
に努めるそうです。

良いですね~♪

私は、がんに罹患して、病気の人間には仕事をさせられないなどと言われて、
クビになったり、内定取り消しになったりしましたから、
そんなことがないように努めてくれる会社が増えるのは嬉しいです。

そんな会社に勤められれば良いな~。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください