統合失調症薬で死亡?

ヤンセンファーマ社の統合失調症治療薬で、短期間に多くの死亡者がでたことで、
厚生労働省が注意を呼びかけているというニュースがありました。

なんでも、2013年11月から販売開始された「ゼプリオン」という薬を
国内で使用した患者数1万700人(推定)のうち17人の患者が死亡していたとのこと。

飲み薬かと思ったら、肩や尻の筋肉に注射する薬だそうです。

死亡した原因には、心筋梗塞や肺塞栓、吐しゃ物での窒息もあったそうです。

吐しゃ物での窒息は、抗がん剤治療中に「怖いな~」って思っていました。

誰かがそばにいるのなら、異変に気が付いてもらえる可能性もあるけれど、
ひとりだと、苦しくても動けなくて、そのままかな・・・と。

まぁ、窒息に限りませんがね(^_^;)

薬と死亡原因との因果関係は調査中らしいですが、他の薬も使っていたと思うので、
その飲み合わせやなんやかやで、死亡した人がいたかも知れませんね。

薬を飲んだりしている時は、異変があったら、すぐに病院に連絡しなければいけないですね。

その場合は、病院の対応も問題になってきますけどね。

とにかく、早くハッキリとした原因等が分かればいいのですが。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください