最終出勤日での驚きと感謝

現在の派遣先での最終出勤日でした。

 

最後にして初めて知ったのですが、現場の管理者2名が、

私に何とかして残ってもらえないかと、社長や部長などにお願いしていたらしいです。

その旨を、派遣元にも頼んで欲しいというお願いもしていたけれど、

どうしても聞いてもらえなかったと。

 

そんなふうに思ってもらえていたなんて、想像もしなかったことなので、

とても驚きました。

 

そして、帰り際、現場のみんなが一列に並んで、「ありがとうございました」と

送り出してくれて、「凄く楽しかったのに、とっても寂しくなる」と言ってくれたのです。

 

そんなに寂しがってくれるなんて、それも想像もしていなかったので、

本当に驚きと感動でした。

 

取締役に「あえて疎外しています」と言われてからの苦痛が飛んでいくようでした。

 

明日から早起きしなくても良い、重いものを持たなくても良いと安堵する一方、

来年はどうやって過ごしていこうかと、怖くて怖くてたまりません。

 

でも、この歳になっても、まだ考えて選択できる自由が与えられているのだと思うと、

少し希望がもてて、感謝でいっぱいです。

 

いろいろあったけれど、あの会社で4か月間働かせてもらえて良かったです。

 

感謝です。

 

ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください