自分の居場所は自分で選んでつかむ

長い年月をかけて、もう残り少ない人生になって
ようやく気が付きました。

私は、ずっと自分の居場所を探していたんだと。

そして、その結果を急ぐあまりに、「ここじゃない」と
急いで判断して、そこを自分の居場所にする努力を全くしなかったと。

「あんた、いい歳して、いまさら?」って、自分に突っ込みいれたい気分です。

どこに行っても、同じような問題が起きて、その度に、同じことをして
同じように見てみぬふりか、立ち向かって撃沈。
そして逃げる…。

原因の根本は、自分の心にあるってことに、薄々気が付いていても
それを気が付かないふりをして、また同じことを繰り返す。

本当、情けないです。

同じ出来事が続くたびに、深い深いトラウマとなって、
癒されたつもりで進んでも、同じ出来事が起きると、
傷がパッカリと開いて、余計に広がり、癒えるのに時間がかかり、
治る前に逃げ出してしまう。

これからは、本当に必要なものと、取り入れてはいけないもの、
手放さなければいけないものを、しっかりと見極めて
自分の責任で選択していかなければいけません。

身の回りの物、物だけでなく執着心など断捨離して、
少しでも自分の心地よいものを選び、心地よい場所へ。

潜在意識が喜ぶ場所に向かい、自分の居場所を確立したい。

両親や先祖は、私が幸せになることを信じていた。

私が生きているだけで喜んでくれている。

私は幸せになるために産まれて生きている。

だから、居場所はある。

大丈夫。

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

※今日の画像は NORIMAさんによるイラストACからのイラスト です。
ありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください