73年目の広島の日

今日は広島に恐ろしいことが起こった日。

一瞬にして広島のまち、たくさんの命が消えたこと、

恐ろしくて仕方ないです。

子どもの頃、祖母に当時の話を聞いても、あまり言いたくなかった様子で、

その気持ちが、今なんとなく分かる気がします。

そんな中でも、空襲警報がなった時、どれだけ怖かったか。

でも、子供たちを守らなければいけないから、病気だった祖父と

4人の子どもを抱えて、安全なはずの実家まで走って逃げたこと。

あんな遠いところまで走って逃げたの?と聞くと、

その時は遠いとか考えている暇はなかったと言っていました。

そりゃそうですよね。

遠いから逃げないという選択肢はありませんね。

広島の平和記念式典の放映を見ているだけで泣けてきます。

何の涙なのか自分でも分かりません。

一度、広島に行かなければと思い続けて、ウン十年。

ダラダラと過ごしていたこの1年の間、

いくらでも行く機会はあったのに、何をしていたんでしょう。

乗り物に酔うことを考えると、なかなか足が向かないと言いつつ、

本当は悲しい歴史を見たくないからなのではないかと思います。

この平和な時代に生まれてきたことに感謝し、

いつまでも平和が続くように守りつつ、

これからの人たちにつないでいかなければいけません。

この世に生を受けたこと。

生きる場所を与えられていること。

雨風をしのげる建物の中で暮らせること。

いろんなことを自由に選択できること。

全てのことに感謝して。

周りの人、自分、全てを愛し慈しみ。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする