霊になって励ましてくれたのかも

数週間前から、我が家に誰かが居たみたいです。

前に住んでいたところでも、一度だけ感じたことがあるのですが

その時は、祖母の葬儀に行って、連れて帰ってきた霊で

その存在を知らなかった伯母だったようです。

今回は、肉親の気とは違うけれど、嫌な感じでもなく

知り合いではないけれど、知っている男性の気でした。

何となく感じたのが、ネットでの知人です。

病気の人で、「家族のために一日でも長く生きる」

「これが最後の入院」と言って、入院して以来

音沙汰がなかった人。

生霊ではなさそうだったので、霊になって励ましにきてくれたのかも?

そう思った日から、気配を感じなくなりました。

ただの気のせいと言えば、それまでですが、きっとそうだと思います。

気にかけてくれてありがとう。

あなたの生きたくてたまらなかった今を、私は生きて過ごしています。

この調子でいくと、多分、明日と言う日も与えられるでしょう。

精一杯、私なりに生きますね。
———–
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 がん・腫瘍

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする