買い物で失敗した時どうやって心を切り替えていますか?

最近、買い物で失敗することが増えました。

ほうじ茶と緑茶を間違えて買ってしまったとか、
それほど大きな影響のないものなら良いのですが、
私にとっては、思い切った買い物で失敗が続き、
気持ちの切り替えができないことがあります。

何があったのかと言いますと、

1.思い切って購入したリュックが、1ヵ月足らずで肩ひもが破れて、
修理に1ヵ月以上。

その間に使っていたカバンを、出先で指定された場所に収納していたところ、
変な臭いがついてしまったので、洗濯に出すより気分一新と思い、
夏仕様のカバンを購入。

新しいカバンは2週間で内側の布が破れ、修理に3か月かかるとのことで、
戻ってくることには夏は終了と思われます。

2.靴がボロボロになってきたので、新しい靴を2足購入。

ありえないほどの靴擦れをしたので、皮をほぐしてもらいに行ったところ、
店員さんのあり得ない対応に、まだ未使用の靴を返品。

3.他のお店で悩みに悩んで新しい靴を購入。

雨に濡れたのではないのに、その靴から色落ちして足が真っ黒に。

直せるのか電話で問い合わせたら、見てみないと分からないと言うので、
時間をかけて持って行ったところ、「靴の仕様で仕方なく、
完全に色落ちを防ぐことはできない」とのこと。

電話で問い合わせた時に、靴の品番が分かっていたのだから、
その時に、言ってくれれば、お店に出向く時間が不要だったのに…と
残念な気持ちです。

履くたびに足が黒くなる靴を、これから先、履く気分になれないのと、
しかも、その靴はレインシューズという事で、通常の靴よりも
雨の日に強いと言う付加価値を含めて購入したわけで、
それらを考えていると、その靴自体、見たくなくなったので、
その場でお返しして帰宅。

返金か他の靴に交換すると言われたけれど、他に私の足に合う靴はなく、
既に履いてしまっていたので返金は遠慮しました。

他に、素材や色を吟味して、長い時間かけて購入した
キッチンマットの滑り止め部分から何かが床に付着して
床に変な模様がついてしまったので処分するか、
何か他のに方法がないのか考え中です。

 
これらの失敗は、ただ単に、私の間違いや心の在り方の問題で、
失敗ではなく、まして、商品や販売してくれた人には罪のないことなので、
学びの費用だと思って諦めようと思うものの何だかモヤモヤ。

多分、それらの商品は今の私に必要ではないものだったのでしょうね。

靴や鞄は、全く持っていない訳ではないし、返品しても生きていけるし、
キッチンマットも無くても生きていけるけれど、他のを購入すればいいだけ。

どれもこれも、購入するときに、一瞬の心の迷いがあったから、
きっと、私の元にくるものではなかったのではないか?って思います。

でも、そう思ってもなかなか切り替えできないんですよね…。

早く忘れて、心穏やかに過ごします。

 

※今日のアイキャッチ画像は、きのこさんによるイラストACからのイラスト です。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください