断捨離した物たちの新たな活躍の場

部屋の模様替えをしようと思い、それには物を捨てなければと捨て始めたところ、
どんどんドンドン捨てていって、断捨離が楽しくなってきました。

小さな収納ボックスが空いて、シューズボックスも隙間ができ、
そして、自分でも驚いたのが、大きめの収納ケースが3つも空いたのです。
 

じゃあ、その3つに入っていたものはどこにいったの?と思い出そうとしても、
全く思い出せません。

と言うか、捨てたとしか考えられないので、
それだけ多くの不要な物に囲まれていたんですね。

 

空いた収納ケースは粗大ごみに出すには、まだまだ使えるので勿体なくて、
でも、勿体ないって思っていないで、捨てるのだ!という心の声と闘って、
結局、地元の掲示板で貰ってくれる人を募集しました。

 
結果、迷っていたのが嘘のように、あっという間に取りに来てもらえて、
とても良い人ばかりだったので、受け渡しも楽しかったです。

 

数年間、捨てるに捨てられなかった着物ハンガーなども出品して、
ついでに、腰紐などの小物ももらっていただいて、
本当にスッキリです。

 
自分では使わないものも、誰かが必要としてくれているは
本当に嬉しいものです。

 
大切に使っていたもので、まだまだ使えるので捨てるのを躊躇していたけれど、
新しい活躍の場があるのであれば、捨てるのも躊躇しなくなりました。

 
部屋の風通しも良くなった気がするし、何よりも玄関が広くなった気がします。

玄関に置いてあったのは、20cm幅の小さな棚だけだったのですが、
それなのに、あまりのスッキリさに驚いています。

 

部屋の中も、もっともっと片付けられるはず。

 

春はデトックスの時期だから、片づけに最適だと教えてもらいましたが、
本当に気持ちの良いものですね。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください