久しぶりに検査に行って何だか損した気分

先月、入社前の健康診断を受ける時に、肺がん検診をオプションでつけました。

その結果、要精密検査と結果がきました。

結果に関しては、想像通りということなのですが、
再検査用の紹介状をもらいに行く時間が合わないため、
日程の確認と、紹介状を出せる病院の確認をするため、
昼休み中に、病院に問い合わせの電話をしました。

紹介状は私の希望する病院あてに出すことはできるけれど、
やはり、決まった曜日、決まった時間にしか発行できないとのことでした。

仕方ないので、「1か月後くらいには行けると思うので、また予約します」
と電話を切って、いつ行こうかな…と考えていたのですが、
帰宅すると、「特例で、土曜日にも発行します」と留守電に入っていて、
そんなに早く取りに行かなきゃいけないの?と驚きながら、
翌日、確認の連絡をすると、ご事情がご事情なので、特例で出しますとのこと。
その代わり医師の説明はないのだそうです。

でも、2週間後くらいにしか出せないとの事だったのですが、
看護師に電話を代わると、翌日には準備できるとのことで、
あれよあれよという間に、紹介状が手元にきました。

そこで、再検査の予約を入れると、これもまた、すぐに予約を入れることができて、
早速、検査に行ってきました。

結果、「特に問題はないと思うけれど、せっかくいらっしゃったのだから
CT検査していきましょうか」との事でした。
そのために、念のために食事を抜いて行っていたので
『せっかくだから』って言葉が可笑しく思えたけれど、妙に納得でした。

レントゲンを見せてもらったけれど、むしろ、昨年よりも綺麗かも?ってくらいで、
再検査をしてくださいという要因となった部分も、
毎年、「咳き込んだ痕が残っているね」と言われていた部分でした。

でも、そう言っているうちに見落とすこともあるかも知れないから、
ちょうど良い機会だったのではないか?という事です。

採血とレントゲンとCT検査を受けたのですが、
待ち時間はあったものの、どの検査も、あまりにもスムーズで驚きでした。

そして、会計。

この会計が一番の驚きでした。

昨年の8月に婦人科で受けたMRI検査の費用が払われていなかったらしく、
「今回の診察費に合算しますね」と。

私が会計をせずに帰ってしまったのかと思って焦ったのですが、
医師がMRI検査をプラスするのが遅くなってしまい、
その時に既に会計は終わっていたらしいです。

その日に限って、診療明細書をもらうのを忘れて、
まぁ良いかと思って帰ったことを思い出しました。

なぜ請求のお手紙が来なかったのかと聞いたら、医師が追加するのが遅くなったので、
配慮したのではないか?とのことでした。

じゃあ、今日私がこなかったら、ずっと負債になっていたって事ですか?と聞いたら、
「そうですね」と。

仕方ないとはいえ、1年以上前の検査費を払うなんて、何だか少し損した気分でした。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする