診察拒否とじんましん

乳腺外科と婦人科の検診のついでに、脳神経内科でも診てもらおうと

当日受付時間内に出かけて行きました。

受付で当日予約診療をお願いしたところ、

「脳神経外科はとても混んでいるので、診察できないかも知れません。

問い合わせてみますので、症状を教えてください」とのこと。

いつ頃から、どんな症状なのか伝え、以前に診てもらった時に、

また痛くなったら、すぐに来てくださいと言われたが、

予約は1か月先しか取れなかったので、今日、来れたから診てもらいと言って待っていると

「問い合わせたのですが、やはりお待ちの患者さんが多くて

緊急性が高い人を優先したいので、1か月後の予約日に来てください」とのこと。

緊急性が高いって?

そりゃ、動くことができて、他に特に変わった症状のない私は

緊急性が高いとは言えないのかも知れないけれど、それってどうなんでしょ?

代わりの病院を逆紹介してもらいたいと言うと、

自分でネットで探して行けって言われるし。

それなら、せめて、提携病院を紹介してくるとか

何か手を考えてくれても良いと思いませんか?

午後の婦人科の検診時に、診察拒否の話をしたところ

「患者様の声に書いてください」と言われたけれど、

書いたところで病院は何も変わらないし、変だと言う認識もなく

それを変えようって気持ち自体がないから、どうしようもないんですよね。

でも、そうやって、患者も諦めていくからダメなのかも知れないです。

仕方ないので、次に皮膚科に行ってきました。

顔に発疹が出る頻度が増えたので、発疹の写メを診てもらったところ、

「じんましんです」とのことでした。

ストレス等で免疫が落ちたせいなのか、じんましん体質になっているらしく、

『慢性じんましん』という病名をもらいました。

多分、一生、この「慢性じんましん」とやらと付き合っていかなければいけないようです。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする