電車の窓に映った自分の顔に驚いた

ロクに鏡を見ない私は、自分の顔の衰えから
目をそらしていることにもなっているのですが、
電車に乗っていて、その窓に映る自分の顔を見て
あまりの衰えに愕然としました。

もう人生のほとんどが終わったような顔。

でも、まだまだこれからも生き続けていかなければいけない顔。

若い頃は、「しわやたるみは苦労して生きていた証」

なんて言っていたけれど、実際に自分の顔に現れたのを見ると
そんな綺麗ごとを言っていられた能天気さに笑ってしまいます。

目の下のくまが怖い。

休んでいる暇はないけれど、また、ゆっくり
何も思い悩むことなく眠りたいな。

そして、頑張って生きていた証のしわやたるみを
愛おしく思えるような歳の重ね方をしたいなぁ。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする