そろそろ確定申告の準備

お給料を2か所以上のところからもらっていて、
各所得金額の合計が20万円を超える場合など、確定申告が必要になります。

私は、昨年も年間医療費が多額になったので、確定申告で医療費控除を受けよう思い、
会社からの源泉徴収票が待ちきれなかったので、自分で試算してみました。

でも、今年は(と言うか前年分)は納付しなければいけないようです。

ちゃんと税金納めていたんですけどね・・・(^_^;)

あれだけ医療費を払っていても還付ではなく納付になるということは、
医療費控除がなければ、もっと納付しなければいけないことになったのかと思うとビックリです。

還付されるのなら、1月から受け付けてくれるのですが、
納付となると「期限内に来てください」と言われるので、2月16日を待ちましょう。

でも、私の計算間違いと言うこともありますから、
会社から源泉徴収票が送られてくるのを待つことにしましょう。

※ 医療費控除は、1月1日から12月31日までの年間医療費の合計が、
10万円以上、または、年収の5%の少ないほうを超えた場合に申告できます。

申告することにより、納め過ぎた所得税が戻ってくることがあります。

申告する医療費には、高額療養費で対象とならなかった保険適用外の医療費や、
薬局で購入したお薬、病院までの交通費も含めることができます。

ただし、治療に直接関係ないものは含むことができません。

生計を一にする家族や親族で合算できますので、
お子さんや離れて暮らしていても仕送り等をしているご両親などの医療費も合算してください。

1年間に支払った医療費から、高額療養制度や生命保険等で補填される金額を差し引いた額から、
10万円または、年収の5%の少ない金額を差し引いた金額が医療費控除額です。

5年分遡って申告できますが、申告は1年分ずつです。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください