自分が生きていることを願っている誰か

数年前にテレビで放映されたドラマの「ひとがた流し」を観てみました。

録画を残しておいて良かった〜♪

学生の頃からの親友3人の友情の話で、そのうちの一人が乳がんに罹患するのです。

私が乳がんに罹患する前に観たときは、親友って良いなとだけ思って見ていたのですが、自分が乳がんに罹患した後では、少し見方が変わってました。

今回、一番心に残った言葉が

「人が生きていくうえで力になるのは、自分が生きていることを切実に願っている誰かがいることだ」

です。

「友達などに聞くと「生きていて欲しい」と言うかも知れないけれど、
切実に願ってくれるのは両親だ」って
内容のセリフがその前後にあり、妙に納得してしまいました。

私には、私が生きていることを切実に願ってくれている人がいないから、
生きる力が弱いのかな?

年末から上がらない私の気持が、ますます落ち込んでしまいました。
何とか上げるようにしないといけないです。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください