乳がんの手術

乳がんの手術には「乳房温存手術」と「乳房切除術」の2種類だと簡単に思っていたのですが、その2種類の中でも、いくつか方法があるのですね。

乳房温存手術

乳房の一部を切除する手術です。

乳房扇状部分切除術

乳頭から扇形に、しこりとその周囲を切除します。

管理人の場合。。。

多分、管理人は、この方法で手術してもらったたのではないかと思います。

石灰化が広がっているので、小さなしこりだけれど、1/4の切除が必要と説明を受けました。
1/4でも半分でも良かったのですが、開けてみて、想像より石灰化が広くて、広範囲に取らなければいけなくなり、乳頭乳輪が残らないのではないか?と心配でした。
でも、1/4の切除で、キッチリ取りきってもらったようです。

乳房円状部分切除術

がんの周りを1~2cmの範囲を切除します。

乳房切除術

病気がⅢ期以上で、以下に該当する場合に選択されます。
・腫瘍の大きさが3cm以上
・乳腺内の広範囲にがんが広がっている
・乳房の離れた場所に、複数のがんが広がっている など

胸筋温存乳房切除術

大胸筋を残し、乳房とともに胸筋やわきの下のリンパ節全部または、一部を切除します。

全乳房切除術

乳房のみを切除します。

ハルステッド術

大胸筋、小胸筋ともに切除し、わきの下のリンパ節も郭清します。

拡大乳房切除術

胸骨や鎖骨上のリンパ節も切除します。


最終更新日:2014年3月21日

スポンサー リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする