乳がんのこと

女性のがん罹患者数

日本人の2人に1人はがんになるといわれています。 女性のがん罹患者数NO1は乳がんです。 でも、乳がんは、早期発見できれば約90%が完治できると言われています。 20歳を過ぎたら、定期的に乳がんの自己検診を行いましょう。...

自己検診のすすめ

早期発見には、やはり検診が一番です。 特に乳がんは、自分で発見することができるがんです。 検診に行くほどではないな…と思っても、ぜひ、自己検診をしてください。 自己検診の方法 お風呂などで、自分の乳房を見てください。 両...

病院での検診

40歳を超えたら、ぜひ、病院での検診を受けてください。 40歳前の女性でも、乳房に何か異常を感じたら、 迷わずに病院で検査をしてください。 病気ではないことを確認できることにもなります。   問診 問診は他の検...

精密検査

自治体などの検診で異常があった場合や、自分で異常を感じた場合、 ためらわずに医療機関での再検査を受けてください。 その場合は、ぜひ、乳腺外科を受診してください。 紹介状を出してもらって受診しても、 もう一度、エコーやマン...

入院前の検査

画像診断検査 乳がんの広がりや転移の有無をみるために、もっと詳しい画像検査をします。 CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(核磁気共鳴画像)、PET(ポジトロン断層撮影法)検査などおこないます。   CT検査(...

乳がんの手術

乳がんの手術には「乳房温存手術」と「乳房切除術」の2種類だと簡単に思っていたのですが、 その2種類の中でも、いくつか方法があるのですね。 乳房温存手術 乳房の一部を切除する手術です。 乳房扇状部分切除術 乳頭から扇形に、...

病期(ステージ)と治療法

精密検査で「乳がん」と診断になった場合、乳がんの広がりや転移の有無によって、治療法が異なります。 病期(ステージ) 0期~Ⅳ期までに分類されます。 病期についての詳しい説明は、「独立行政法人国立がん研究センターがん対策情...

放射線治療

放射線治療を行うことにより、局所再発を2-3%程度に抑えることができます。 放射線治療は、X線、γ(ガンマ)線、電子線などを用いて行われます。 術後、20週をこえずに始めることが推奨されています。   照射量は...

薬物療法

乳がんの薬物療法には、ホルモン感受性細胞の増殖を抑える内分泌療法(ホルモン療法)と、乳がん細胞に直接作用する化学療法があります。 リンパ節などに転移しているかも知れないがん細胞を死滅させることが期待できます。 また、術前...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする