医療費控除

医療費控除は、1月1日から12月31日までの年間医療費の合計が、10万円以上、または、年収の5%の少ないほうを超えた場合に申告できます。

申告することにより、納め過ぎた所得税が戻ってくることがあります。

申告する医療費には、高額療養費で対象とならなかった保険適用外の医療費や、薬局で購入したお薬、病院までの交通費も含めることができます。
ただし、治療に直接関係ないものは含むことができません。

生計を一にする家族や親族で合算できますので、お子さんや離れて暮らしていても仕送り等をしているご両親などの医療費も合算してください。

1年間に支払った医療費から、高額療養制度や生命保険等で補填される金額を差し引いた額から、10万円または、年収の5%の少ない金額を差し引いた金額が医療費控除額です。

5年分遡って申告できますが、申告は1年分ずつです。

所得税の申告と納税は、2月16日から3月15日までです。

還付の場合は、1月から受け付けてくれますし、空いてますので、早めに行って相談してみてはいかがでしょうか。



関連リンク:国税庁


最終更新日:2014年3月21日

スポンサー リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする