医療費の窓口負担が増える?

YOMIURI ONLINEに、
「医療費の窓口負担増加へ…消費増税8%時に 」という記事がありました。

来年4月に消費税率が8%に引き上げられた場合、
初診料や再診料などに診療報酬を上乗せする案を、
厚生労働省が中央社会保険医療協議会の分科会に示し、大筋で了承されたとのこと。

医療機関の設備投資などの消費税負担を軽減するためと理屈は分かっても、
実際に支払う立場からすれば、キツイですよね・・・。

消費税と医療費などは上がっても、お給料は下がることはあっても上がるのは難しい。

医療費が高額になった場合に利用できる「高額療養費制度」は、とってもありがたい制度だけれど、
もっと細かい年収わけがあればありがたいし、
途中で医療保険が変わっても多数回該当に数えられるようにしてくれれ良いな・・・とか思ったりして。

長く治療していると、何とか管理料ってのが加算されるけれど、
どうせつくなら、ラジオ体操のように「よく通いました」ってスタンプでも押してポイントが加算され、
次回、注射1本サービスとかあれば嬉しいなぁ。
・・・とバカなことを考えてしまいました。



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: いろいろ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA