乳がんかも知れないと思ったとき

最近、気持ちが落ちているので生命力のないブログになっているので、
がんが解って治療するまでのことを振り返ってみたいと思います。

あの頃は、今よりも生命力があったと思いますからね…。

前ブログ、前々ブログをご存知の人がいらっしゃったら、
「また?」ってことになりますが、お付き合いいただければありがたいです。

☆☆☆☆

2011年11月8日のこと

数年前から、乳腺症と石灰化があると言われていて、
どちらも良性なので心配ないとのことでした。

でも、念のために、マンモグラフィー検査とエコーを半年ごとに受けていたのですが
、いずれも良性と言われていました。

2011年4月に受けたマンモグラフィの時にも、良性の石灰化と言われ安心していたのですが、
10月中旬ごろでしょうかねぇ、右の胸に小さなしこりを見つけました。

見つけたのは、本当に偶然。

虫に刺されて、ボリボリかいていたら、虫さされではない腫れが手に触れたのです。

ちょうど、エコー検査に行こうと思っていた矢先だったので、
今度はどこの病院にしようかな…と、のんきなことを考えていたのです。

その時は仕事をしていたので、すぐに病院に行けずに、
10月末で業務終了になってから、ゆっくり病院へ行こうと思っていました。

でも、その時から既に、手術を覚悟していた気がします。

そして、11月8日。

いろんな用事を済ませて、頭痛がしていたけれど、
「今日、絶対に病院にいかなければ!」と、何かに動かされるように近所の乳腺外科に向かいました。

4月にマンモを受けた時になかった しこりが出来たこと。

その時の検査では、良性の石灰化と言われたので、特に他の検査はしなかったことを伝えて、
まず、触診をしてもらい、エコー検査をしてもらいました。

結果。。

「うちよりも、もっと大きな病院で組織検査をしたほうが良いので、
紹介状を書きますから、どこの病院を希望しますか?」と聞かれたのです。

その病院で生体検査ができないのは予想外だったので、それには驚きましたが、
再検査は特にビックリしませんでした。

紹介状をもらって、ますます激しくなってきた頭痛を我慢しながら帰宅したのです。

翌日、すぐに紹介先の病院に予約の電話をしたのですが、予約がとれたのは、1週間後の16日。

こっちは急いでいるって言うのに、予約が必要な病院って不便ですね…。

ということで、1週間後に大きな病院に行くことになったのです。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする