アリミデックスを止めても治まらない

乳がんのホルモン治療薬のアリミデックスの服薬を始めて、

リウマチではないかと心配になるほどの指のこわばりがあり、

徐々に慣れていたとはいえ、ちょっと困っていました。

 

アリミデックスを止めたら治ると思っていたのですが、

1か月経った今も、まだこわばりが治りません。

それどころか、前に増してひどくなっているかも?

 

昨日の整体で話をしたものの、それよりも他の症状を優先したので

指のこわばりまでは気が回らなかったようです。

 

考えたら、更年期障害のひとつで仕方ないのでしょうね。

それに、ストレスも関係しているのかも?

今までは会社で嫌なこととかあっても、職場の人に話したり

頻繁に病院の先生に話を聞いてもらっていたから

少しは発散できたのかも知れないけれど、

保険証が変わってから手続きをしに行っていないので、

病院にも行けず、自分で決めたことばかりなので

誰に愚痴を言うわけにもいかず、

身体は楽になったけれど、精神的にはかなり追い込まれているので

指のこわばりとストレスの関係も疑ってしまいます。

 

早く、自立支援医療の手続きに行って、心療内科の先生に

話を聞いてもらわなきゃいけません。



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: アリミデックスの副作用 タグ: , パーマリンク

アリミデックスを止めても治まらない への2件のフィードバック

  1. アキ のコメント:

    指のこわばり私もあります。また違う病気になったんじゃないかと考える時もあります(@_@)私はストレスかな?ストレスって怖いですよね!発散できるといんですけど!

  2. 桃杏 のコメント:

    アキさん、こんにちは。

    ストレスから身体にいろんな症状が出ることがありますよね。
    発散するのも難しいし、何事も気楽に考えられると良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA