マンモグラフィー検査を断られてしまった

気が付いたら、乳がん手術から6年経っていました。

昨年のこの時期にマンモグラフィ検査を受けたきりなので、
1月中に検査を受けようと思い、区の検診表をもらって受けようと
検査機関に予約の電話をしました。

日程を決めてから、
「鎖骨下にCVポートが入っていますが大丈夫ですよね?」と聞くと、
『CVポートって何ですか?』から始まって、待たされて、
そして断られました。

もっと大きな病院で頼んでみてくださいとのことなのですが、
大きな病院からかけているはずなのに…と思いながらも、
へこたれずに、別の病院に連絡してみたのですが、
やはり、同じ返事でした。

乳がん検診を受け付けている全ての病院に電話をして断られ、
最後に、区の健康づくり課に聞いてみたところ、
『CVポートが入っている人は、検診でのマンモグラフィ検査は
難しいので、かかりつけ医に相談してください』とのことでした。

もう、ガッカリです。

通っていた病院も区の健診受付病院なのですが、
もう今年度の予約はいっぱいなので無理ですと言われ
ガチャンと電話を切られています。

結局、CVポートが入っている人は、医師と話をしながら
マンモグラフィ検査かエコーをとらなければいけないので、
補助がでる健診では検査を受けられないそうです。

ちょっとムカついたので、通っていた病院に
医師から区や会社の健康診断で乳がん検診を受けてくださいと言われたのに、
CVポートが入っている人は健診では受けられないと言われるし、
今後、どうすれば良いのか分からないと聞いてみました。

すると、自分で近くのクリニックを探して行けばいいんじゃないですか?
だそうです。

なら、「今後どうすればいいの?」と聞いた時に、
会社の健康診断時に…なんて言うのは違うし、医療情報提供書を書いてくれないと
いけないのはないでしょうか?と思うのです。

病院に捨てられた中途半端な、がん経験者はモロモロやっかいです。

でも、グダグダ言っていても仕方ないので、どこか探して検査を受けなければいけません。

検査を受けるのに、どこに行って良いのか?とか、予約の順番とか
いろいろ面倒なことがあるから、受診率も上がらないのでは?
と思ってしまった出来事でした。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする