アンジーが乳がん予防のため乳房切除

アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんの予防のために両方の乳房を切除したとのこと。

ビックリです。

遺伝性乳がんや卵巣がん症候群の原因となるBRCA1遺伝子に異常があり、
乳がんになる確率が87%、卵巣がんの確率が50%と医師から告げられたからとのことで、
乳房摘出手術により、乳がんになる確率は5%以下になったとのこと。

お母さんが、がんで長い闘病生活を送って56歳で亡くなったらしいので、
遺伝子検査をされたんでしょうかね?

この検査は、20万円以上必要と聞いたことがありますが、
遺伝リスクが高い場合は受けたくなりますよね。


乳房摘出手術のあと、3か月かけてインプラントによる再建をおこなったそうで、
美しい乳房に再建されたのではないかと想像されるのですが、
女優さんという立場で両乳房の切除を思い切ったのは凄いと思います。

「自分の経験が他の女性の助けになれば・・・」とのことです。

素敵だわ~。



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: 乳がん タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA