幹細胞移植が乳がん患者の大きな希望に

今朝、何気なく見ていたテレビで、衝撃的なニュースがありました。

鳥取大学での研究で、乳がんで乳房摘出手術で胸にへこみが出来た人に、

自分の幹細胞を移植し、元の状態に近づけることに成功したとのこと。

 

がんと周りの組織だけを取る、温存手術でも胸のへこみができるけれど、

放射線で委縮したりするから、乳房再生はほとんど行わないけれど、

これが可能になると、温存手術で凹んだ胸も、元通りになるってらしいです。

しかも、入院期間も短くて、身体への負担も少ないとか?

大きな一歩ですよね。

スゴイスゴイ。

医療は日々進歩していて、ありがたいです。

 



スポンサーリンク スポンサーリンク
カテゴリー: 乳がん タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA