初めての自己血採血

2012年7月12日のこと。

子宮体がんの手術に、もし輸血が必要になった時に備えて、
自分の血を輸血用にするために自己血の採血をしました。

お気軽に採血に行ったのですが、まずは、注射針を何度も刺しても失敗。

8回目にようやく成功して、腕があざだらけになりました。

でも、採血はものすごく順調に早く進み、思ったより早く終わりました。

私の体重では、200ccの献血すら断られるので、
400ccを2回に分けて採られるなんて、どうなるんだ?と心配だったのですが、
採血後もスクッと立ち上がることができて、難なく終了。
足取りも軽く帰宅。

でも、その晩から大変なことになりました。

めまい、吐き気、下痢。

何がどうなったのか分からず、一晩中、困ってしまいました。

翌朝、病院に電話で問い合わせている途中に、
携帯の充電が切れ、話は途中にして会社に出勤。

楽になった~♪ と思っていると、夕方、またもは激しい吐き気でフッラフラ。

看護師さんに水分を摂っていれば、少しは楽になるだろうけれど、
「明日、診察に来てくださいね。心配だから」と言われて、
とにかく嫌いなイオンウォーターを必死で飲んでました。

自分の中から血をとるって大変なことなんですよね。

献血に協力してくださる人ってスゴイですよね。

そのまま、3日間気持ち悪いのが続きましたが、
なんとか2回目の自己血までには治まりました(^^)v

あとで、先生に聞いたら、
「自己血で下痢になる人はいないから、軽い熱中症とストレスでしょう」とのことでした。

何もしないでも、熱中症になりますからね。

血をとったんだから、いつもの何倍も水を摂らなければいけなかったんですね。



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: 子宮体がん, 子宮体がんが確定するまで タグ: , , パーマリンク

初めての自己血採血 への6件のフィードバック

  1. でっち のコメント:

    おはようございます。
    1年検査無事でよかったです。ホッとされたことでしょう。

    婦人科の手術って出血が多いから、出血に備えますもんね。
    自己血の準備しつつ、貧血も改善していくから体の負担はありますよね。
    そうやって手術に臨んで、本当にお疲れ様でした。
    今年もすでにすっかり暑いです。熱中症ちゅういちゅうい!

    • 桃杏 のコメント:

      でっちさん、こんにちは(^o^)
      コメントありがとうございます。

      腹を切る手術には輸血の可能性があるって聞いてビックリでした(m’□’m)

      おかげさまで、一年検診は無事にクリアでしました(^^)v

  2. おこちゃんちゃん のコメント:

    血を抜くと怠さがありますよ、私はね!

    息子は良く輸血にいってますが、何ともないみたい。

    • 桃杏 のコメント:

      おこちゃんちゃんさん、こんにちは(*^_^*)
      コメントありがとうございます。

      採血の前には、いろいろ注意事項があるのは
      血を抜くことによって、大変なことになるから
      その予防なんだって、改めて感じました。

      献血も年間献血量に制限があるのは納得でした(>_<)

  3. ひよ のコメント:

    自己血を今日取りました。
    夜になったら少し気持ち悪くなってきている所存です。いつ直りますか?

  4. 桃杏 のコメント:

    ひよさん、こんにちは。

    自己血を取られたのですね。
    私が自己血の後、気持ち悪くなったのは
    軽い脱水症状だったらしいので、水分を摂っていれば
    良かったらしいですが、その後、長い間続きました。

    我慢しないで病院に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
    自己血を取ったという事は、これから手術なのでしょうか。
    無理しすぎませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA