子宮体がんが確定した日

2012年7月6日のこと。

子宮体がんの組織検査後、なんだか下腹部が痛く、病院に電話して聞いたところ、

「検査でお腹を触ったので、子宮筋腫が動いているのではないか?」と言われましたが、

心配なら結果を聞く前に診察をしたらどうか?とのことで、非常勤の先生で予約を入れてもらい、診察に向かいました。

 

ちょうど、乳腺の診察日でもあったので、まず、乳腺科で診察をしてもらい、

傷も綺麗で、血も止まったので、もう大丈夫ねと言われたので、

「子宮体がんの検査にひっかかって、手術する気満々なのですが、そうすると、こっちの治療は変わってきますか?」
と尋ねたところ、先生たち返答に困ってました。

『それは、婦人科の検査結果を聞いてから決めましょう』と言われたけれど、

現在飲んでいる「タモキシフェン(ノルバデックス)」は中止してくださいとのこと。



乳腺科を後にして、婦人科の診察の順番がきたので、診察室に入ると、思ったより若い先生が待ってました。

結果、子宮内膜内に複数見られる子宮体がんで、ステージ1b、グレードは1とのことで、顔つきの良い子宮体がんだそうです。

手術は、子宮卵巣卵管すべて摘出するらしいです。

でも、病院で再診受付をした際に解っていたので特に驚きませんでした。

だって、予約時間と予約科、担当医師が書かれた紙を見たときに、非常勤の先生で予約を入れたはずなのに、その医師の名前ではなく、婦人科医長の名前が書かれていたし、わざわざ看護師さんが「H先生に診てもらうことにしました。11時って書いてありますが、もう少し早くお呼びできますから」って言いにきましたからね。



で、「はい!すぱっと綺麗にとってください」と、最短での手術をお願いしました。

当月の手術日は全て予約でいっぱいなんだそうですが、無理やり入れてもらい、手術前の検査も、あっという間に入れてもらいました。

迷いなく最短で手術日を入れられたのは、子宮体がんかも知れない?と思った時に、すぐに会社の上司に話して「体調を最優先にしてもらって構わない」と許可を取っていたからで、その上司の言葉には感謝感謝です。

MRI検査だけは時間がかかるので、検査専門の病院で撮ることになりました。

 

入院は7月末。

約2週間の入院になるということだったので、退院したら、すぐに働いて大丈夫かと聞いたところ、『とんでもない』とビックリされました。

1か月は自宅静養が必要なんだそうです。

軽く考えていましたが、手術の後が長いんだと、術後のことを想像すると、少々ショックでしたね。

乳がんの時のようにサクサクとはいかないようです。

 


スポンサーリンク スポンサーリンク
カテゴリー: 子宮体がん, 子宮体がんが確定するまで タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA