病理検査の結果と今後の治療

2012年8月15日のこと。

子宮体がんは開けてみないと解らないと言われていた通り、当初言われていたよりもかなり悪く、子宮頸部にも転移してて、ステージⅢa期、腹水細胞も陽性でした。

『抗がん剤治療をしなさい』でしたが、

「治療しません」

と拒否しました。

治療費はかかるし、仕事はできないじゃ、私はどうやって生きていくの?

薬価はいくらになるかと聞いたけど、もちろん即答はしてもらえずに宿題となり、

『少しでも、仕事休むと、生活に直結するの?』とも聞かれました。

やっぱり、先生さまは、少しくらい仕事しないでも、生活出来ないなんて考えられないらしく、休職しても、すぐに復職できると思っているようです。

がん患者の、ほぼ半数は退職に追い込まれている事実を訴えてきました。

すると、『だったら、生活保護を受けたら、心配なく治療できるよ』と。

世間ズレしてます。

抗がん剤治療をしないとどうなるのか聞いて見たら、『こればかりは解らない』と。

そりゃそうかも知れないけど、化学療法をした場合と、しない場合の再発率とか示してくれれば、さすが!って思えるんですけどね。

 

今回が初めての、がん治療なら、何も考えずに先生の言うままの治療をしてたと思うけど、乳がんの治療費と、その時の就職活動の辛さとかいろいろ考えたら、世の中を分かっていない先生の言葉に素直に従う気にはなれず、再発や転移して、サッサとこの世界とサヨナラしたい気分になりました。

多分、治療費は1泊2日の入院と副作用止めの薬やなんやかで5万円くらいで、乳がんのホルモン薬は月に2万円弱。そして、定期的な検査が入ると・・・と考えると、想像よりもはるかに高くなる治療費に愕然としたのでした。



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: 子宮体がん, 子宮体がんの手術・入院 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA