お腹の金具が取れてますます元気

2012年8月1日のこと。

子宮体がんの術後7日目。

起きたら、ドレーンの穴から浸潤液が出ていて服にまでグッショリ(–;)

また、着ているもの全て交換しなければいけません。
交換は良いけれど、お金がかかるのは困るな~^ロ^;

看護師さんが採血にきて、血管が出ないからと、またも右手にされそうになりました。

意識があったので、「右手はダメ(怒)」と払い除けて良かったけれど、
意識がなかったら採血されてたのに違いないです。

何度、同じことを繰り返せば気がすむんだろう?

「具合はどうですか?」と先生がやって来たので、
具合は良いが気分が悪いと、入院してからのモロモロのストレスを話しました。

でも、話している途中で、何だかどうでも良いことで怒っている気がしてきちゃった。

そしてこの日は、お腹の金具を抜いてもらいスッキリ(#^.^#)。

ずっと、腰を曲げないと歩けなかったのが、
真っ直ぐに立って歩けるようになり、軽くスキップもできました。

身体についていた、管やなんやかが全て取れると、あんなに楽になるもんなんですね。



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: 子宮体がん, 子宮体がんの手術・入院 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA