子宮体がん手術後5日目

2012年7月30日のこと。

ドレーンがささっているあたりが、ジンジンと痛く、

抜いたら楽になるのかなと早く抜いて欲しいな~って思っていたら、

朝一番で抜いてもらえました。

めちゃくちゃ楽になりスッキリ(^^)v

右腹の痛みは相変わらずだったけれど、

ほぼ、真っ直ぐ立てるようになってきました。

良い感じなので洗濯をして、これまたスッキリ(^^)v

 

昼、息苦しくなってきたので熱を測ってみたら37.6度(+o+)

熱を冷まそうと寝ていたら、婦人科の先生5人が回診に来たので、

熱があることを伝えたけれど、

「熱はなんだろうね~」と帰っていっちゃいました。

 

でも、しばらくして、診察に呼ばれて内診。

右腹の痛みは傷の痛みで、右足の付け根の痛みと違和感はリンパの影響とのこと。

特に異常はないらしいので、やはり熱は不明。

病室に帰ったら、看護師さんが採血にきて、

念のため、血液検査で異常を診てみるらしいです。

 

晩御飯後、気持ち悪くなって吐いてしまい、

結局、食べずに終わっちゃいました。
熱は37.8度。

看護師さんにその旨伝えたけれど、

採血でも異常がないので大丈夫だと言われたので、

さっさと寝ることにしました。

 

でも、同室のおばちゃんたちの話し声がうるさくて、全く眠れない・・・(^_^;)

ゆっくり眠りたかったので、自分で持ってきた薬を飲んで寝てみたけれど、

夜中に3度も目が覚め、このころから、

睡眠障害を意識するようになったのかも知れません。



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: 子宮体がん, 子宮体がんの手術・入院 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA