手術の翌朝に歩いてみる

2012年7月26日のこと。

子宮体がんの手術翌朝。

寝ていると腰が痛くてたまらなかったので、起き上がってみました。

さすがに、痛くて頭もフラフラしたので、
しばらくしてまた横になりました。

看護師さんが、洗面とうがいを手伝ってくれて、少しスッキリ。

尿道カテーテルが入っているけれど、膀胱炎になるかと思うお腹の痛さで、
おまるを持ってきますか?と言われたけれど、
どうしても、自分でトイレに行くと言って歩いてみた。

でも、何も出ず、汗だくになったので、
帰りは車イスに乗せてもらって病室に逆戻り。

看護師さんに迷惑をかけただけでした。

ベッドに戻り、座っていると、師長さんが様子を見にきて、
「ウソw(°O°)wまじ?」とビックリされました。
無理しないように言われるけれど、
早く歩くようにとも言われ、一体どっちなんだ?



採血をするのに、血管がでないからと、足からの採血でした。

前の晩、右腕から採血されそうになって、
「右はダメ!」と心で叫んでいたけれど声にならず、
針を刺されちゃいました。

なのに、血は抜けなかったらしいです。

その後、私が右胸は乳がんの手術をしたと知り、
その看護師さんが「わたし、針さしちゃった」と言っていたのも聞こえて、
カルテに『右腕 採血・血圧禁止!』と、
デカク書いといて欲しいなぁって思いながら眠っていました。

そんなこんなが落ち着き、のんびりしていたら、
先生が診察にやってきて、朝、トイレまで行ったことを話すと、
師長さんの時と同じように驚かれました。

早く退院できそうねって言われたので、
『ゆっくりしていきます』と答えて笑われちゃいました。

食事は出来ないし、歩けないし、することがないので寝ていると、
だんだん痛くなってきたみたいです。

妹たちが昼前に来てくれたけれど、術後最大の痛みがきていたので、
ロクに相手もできずに、サヨナラでした。

看護師さんに足のフットポンプがうるさいので、
取ってほしいと頼んだけれど「それはダメです」と恐ろしい勢いで言われ撃沈。



そうこうしているうちに夕方になり、
歩く練習ででトイレまで往復してみました。

難なく一人で歩き、
「スゴイ!スゴイ(^^)d」と連発され拍手までもらったけれど、
そんなにスゴイのか?

戻ったらグッタリ疲れて、尿道カテーテルをはずそうか?と言われたけれど
、夜中にトイレに行くのが面倒なので、そのままにしてもらいました。

でも、足のフットポンプははずしてもらい、体を拭いて着替えをしたらスッキリ。

この夜は、少し落ち着いて眠れました。



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: 子宮体がん, 子宮体がんの手術・入院 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA