リスクの割には点数が低い

先日、高熱が出た時に診察してもらった先生に、

「何か質問ありますか?」と聞かれたので、

今回の診察には全く関係ないのですが…と、

CVポートの除去について聞いてみました。

その病院は外科も扱っているらしいので、

ポートを取ってくれる先生か病院を知っているのではないか?と

少し期待してのことでした。

その先生も以前は、他病院で入れたポートの除去をしていたらしいのですが、

面倒なので辞めてしまったと。

その理由は、リスクや手間の割に点数が低いからと。

点数が低いと聞いて、なるほど…と妙に納得してしまいました。

だから、前の病院の先生は除去をする際にも入院させるのかな?と

想像できました。

CVポートの設置には、その外科医の癖のようなものがあり、

止めるところや止め方、通しているところなど、人それぞれで、

それを想像し、確認しながら除去をしていくのは大変なんだそうです。

もし、何かの手違いで出血が止まらなくなったりした場合のリスクは、

低い点数では合わないってのに納得です。

しかも、何か気になることを言っていました。

熱でボーっとしていたので、聞き間違いかも知れないけれど、

もし、癒着していたら、除去するときに飛んでしまって、それが脳に飛び散ると、

脳梗塞だかなんだかになるかも知れないとか何とか…。

そんなリスクを最小限にとどめるためにも、手術から数時間は

近くに居てもらうのが良いから、入院してもらえると、

何かあった時に、すぐに対処できるから安心だと。

何かあった時に責任問題になるから、CVポートを入れた病院で除去しなさいと

意地悪を言っているのかとも思ったこともあるけれど、

いろいろな要因が重なって、単に入れてあるものを取ればいいだけだと、

言うわけにはいかないんですね。

諦めて以前通っていた病院に行くしかないようです。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする