いよいよCVポートとお別れの時かも?

今日は子宮体がんの経過観察通院日。

3日前くらいから、みぞおちのあたりから背中までずっと痛くて、

婦人科の先生に聞いてみようか迷いながらいたのですが、

ちょっとだけ話したけれど、人間ドック受診を薦められました。

 

次は3か月後の診察で終了だと言うので、

慌ててCVポートのメンテについて聞いてみました。

 

前の病院だったら、婦人科の先生がフラッシュでカテーテルの

閉塞具合を確認してくれていたけれど、

今の病院ではそんなことはしないらしいです。

それに、1年もフラッシュしていないので、

もう詰まって使えないだろうとのことでした。

 

「じゃあ、手術して取ろうか?」と言われたのですが、

前の病院では外科の先生が手術していたけれど、

今の病院では放射線科が担当になるそうで、

しかも、自分の病院で入れポート以外のポートを摘出する

手術は行わないのだそうです。

だから、ポートをどうするか前の病院に行って聞いてきて欲しいと。

 

行くのは良いけれど、数か月先の予約を取って、初診料の他に

5,000円くらいの初診時定額徴収だか何だかを支払うのが

すごくバカバカしいので、「え~」と言っていると、

先生が前の先生に聞いて、放射線科の先生に手術してもらえるか

確認してくれることになりました。

助かった~。

 

でも、会社を辞めて国民健康保険になったタイミングでの手術は

命に別状はない手術だと分かっていても、後遺症が残った場合とか考えると

ちょっとリスクが高いので、やはり急いで厚生年金に加入できる会社に

勤めなければいけなくなりそうです。

 



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: 子宮体がん タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA