子宮体がん手術にむけ入院と下剤

2012年7月23日のこと。

この日は、子宮体がんの手術に向けて入院しました。

採血後、病室に案内され、これからのスケジュールなどを説明してもらっていたら、
あっという間に昼食でした。

まず、2リットルの下剤を飲んで腸の中を綺麗にして、
夜ご飯以降、27日まで絶飲食だとの説明を受けました。

自己血採血以降、下痢が続いていて、整腸剤を飲んでいて、
この日の朝も、整腸剤を飲んだのに、午後からは下剤。

お腹も、止めるんか出すんかハッキリしろ!って言いたかったでしょうね。



昼食後、15時から下剤飲みが始まりました。

1時間以内に、便をもよおさないといけないと言われ、
少々、緊張したものの、それは難なくクリア(^^)v

でも、その後が大変でした。

2時間で2リットル飲まなきゃいけないのに、
1リットル飲んだところで、パッタリと飲めなくなってしまいました(;O;)

3時間かけて1リットルちょっと飲んだところで、
顔に赤いブツブツが出てきて、「もう飲まなくて良い」と許してもらいました。

ご飯も食べたくなかったけれど、
これを逃すと27日まで食べられないから頑張れと言われて、お茶で流し込みました。

手術前に、疲労困憊でした。



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: 子宮体がん タグ: , パーマリンク

子宮体がん手術にむけ入院と下剤 への2件のフィードバック

  1. えるこ のコメント:

    読んでいて涙が出るよ~
    本当に辛かったね、頑張ったね。
    あたしも何だか薬が合わないのか、蛇口をひねった様な下痢がたまに襲って来ます
    何枚パンツ捨てたかわかんないぐらい、トイレまで間に合わない
    外にでるのが恐い、紙おむつしようかな~~~なんて最近考えます
    便秘も恐いけど下痢はそれ以上恐い・・牛乳が好きだったのに
    今は諦めました。
    活動、応援してますから、でも無理はダメですよ。

    • 桃杏 のコメント:

      えるこさん、こんばんは(^^)/

      ありがとうございます。
      うわさには聞いていたけれど、下剤があんなに辛いとは思いませんでした。
      微妙な味だし、お腹いっぱいになるし(;O;)

      えるこさんも大変ですね。お医者さんには相談されましたか?
      いつくるか分からない大変な下痢にドキドキして
      外出も億劫になりますよね。
      脱水症状にならないように水分補給してくださいね。

      ゆっくりと活動していきますね(#^.^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA