また投薬ミスで患者死亡のニュース

高知県の病院で、誤ってショック症状を引き起こす薬剤を投与し
投与された患者が死亡したというニュースをみかけました。

男性は薬剤へのアレルギー歴を申告していたが、主治医らがカルテを確認せずに投与した。病院側はミスを認めて遺族に謝罪した。

発表では、主治医は今月、男性の感染症治療のため、看護師に抗生物質製剤の点滴を指示。男性は投薬5分後にアレルギー反応が出て心肺停止となり、約1時間40分後に死亡した。

同病院はマニュアルで、初めて薬を投与する際にはカルテでアレルギーの有無を確認する決まりだが、主治医らは確認を怠っていたという。(YOMIURIONLINE

ちゃんとアレルギー歴を申告していたのにスルーされたって悲しいですよね。

私も病院に行っている時には「ちゃんと聞いてるのか!?」って思うことがいっぱいありましたが、
アレルギー歴や既往歴、服用中の薬の情報はちゃんと記載されていましたし
伝わっていましたからね。

でも、それを気にしてもらっているかは分かりませんけど。

それにしても、私が病院でのミスに関して敏感になっているせいか、
医療ミスって多いですよね?

てか、元々あったのだと思うけれど、今までは隠されてきたんでしょうね。

それが、オープンになってきたということは、
医療機関の中での事は、闇に包まれている状態から
開かれてきているって事で、良いほうに改善されてきているってことですよね。

再発防止に努めてもらいたいですね。

———–
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 がん・腫瘍

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする