アラームを聞き逃して患者が死亡

読売新聞に「看護師らアラーム聞き逃し、手術直後の患者死亡」というニュースがありました。

閉塞性動脈硬化症と狭心症のため入院していた女性の心電図モニターの異常を知らせるアラームを、看護師たちが聞き逃し、アラームが鳴り続けて約10分後に駆け付けた時には既に意識がなく、約2時間後に死亡し、事故調査委員会を設置して死亡した経緯を調べたところ、「致死性の不整脈を示すアラームの聞き逃しによる救命処置の遅れが死亡の原因」と断定したとのこと。

食事介助や看護師の勤務交代の時間帯が重なったとのことですが、約10分も放っておく前に何とかならなかったのかって残念ですね。

私が入院していた時も、夜中にお産などが重なって、コールしても、なかなか来てもらえなかったのを聞いていたことがありますが、この場合は、命の危険を知らせるアラームですからねぇ…。

これも、医療者の不足が原因なのでしょうかね。

医療者の待遇改善などを考えて欲しいって思うのですが、具体的には、どうすれば良いんでしょう。

何もできない自分が悔しいです。

———–
 いつもありがとうございます。
↓ポチッと2つ応援していただければ喜びます。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーリンク スポンサーリンク
カテゴリー: ニュース記事から思ったこと, いろいろ タグ: , , パーマリンク

アラームを聞き逃して患者が死亡 への2件のフィードバック

  1. おこちゃんちゃん のコメント:

    母は胸が痛くなり、ただ事でないから、救急車で運んだ。
    しかし、病室に入れられたまま。
    応急処置や検査も、医者も来なかった。
    寒いので、毛布を頼んでも持って来なかった。
    その後、簡単な検査だけして、帰って明日来いと言われた。

    私は苦しんでいるのに返されても困ると言って、その日は入院させてもらうようにした。

    兄が来ていた間に、急いで、入院の用意をして、直ぐに戻った。

    薬もなかったら催促した。
    しかし、狭心症のクスリでした。

    母も私も、心筋梗塞ではないかと、症状を伝えた。
    救急車から、半日で、毛布も無いベッドで、苦しくて起き上がろとしたまま、バタリと息を引き取った。
    モニターも何も、施して貰えなかった。
    霊安室からは、早く、葬儀屋に運んで貰うように言われた。
    お偉い先生が何人もで、担当医者はいず、あの先生は、腕のイイ先生だと、弁解をしていた。

    亡くなってしまったから、訴える気持ちなんか無いが、余計に、腹が立った。

    この事は、初めて書きました!

    胸に秘めていた。

    今度、いつか、書いてもいいだろうか?

    • 桃杏 のコメント:

      おこちゃんちゃんさん、こんにちは(#^.^#)

      そんな辛い経験をされていたのですね。
      この記事を書きながら、私がそのご家族の立場だったら
      「人材不足なのね」なんて、のんきなこと書けるだろうか?とか
      考えてました。

      私の母も、急に倒れて運ばれた時、寒い布団部屋に入院でした。
      病室が開いていなかったから仕方ないのですが、
      それを見たときは、笑ったけれど、複雑な想いでした。

      ぜひ、記事にしてください。
      考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA