男性の老化は無職が原因?

マイナビウーマンに「「無職」が長引くと、男性の老化は早くなる」という記事がありました。

記事によると無職であるというストレスは、遺伝子の末端の「テロメア」に影響することが分かりました。テロメアはエイジングのバロメーターと言われ、これが短い人は、うつや心臓病になりやすいことが分かっています。

「テロメア」は遺伝子を守る働きをしていると考えられていますが、人によって長さは様々とのこと。

連続して500日以上無職の状態を経験した男性は、このテロメアが短い傾向があるんだそうです。

女性には顕著な傾向は見られなかったとのことですが、女性にも関係ありそう・・・。

てか、私には関係ありそう。

今は無職ではなく、辛うじて仕事はしているけれど、働いたり働かなかったりの期間が多いし、今の仕事が終了した後のことを考えると、すでに「うつ状態」になっているし、心臓もバクバクだし…。

あっ、私はうつ病とパニック障害だから仕方ないか(^_^;)

でも、適度に働いているのが、何かと良いってことでしょうかね。

———–
 いつもありがとうございます。
↓ポチッと2つ応援していただければ喜びます。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーリンク スポンサーリンク
カテゴリー: ニュース記事から思ったこと, いろいろ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA