ギリギリの状態で働いていらっしゃるから

ずっと行けなかった心療内科に行ってきました。

転院してから、先生に話をするというよりも

先生の質問に答えるだけの診察です。

まだ始まったばかりだから仕方ないと思っているけれど、

先生は何をしたいの?って感じでした。

でも、今日の診察での話の中で

「ギリギリの状態で働いていらっしゃると思うので、

何か役にたてる制度がないか。

そのために、どんな協力をするのが良いのか考えている」とのことでした。

少し仕事をセーブして、ゆっくりしたほうがいいけれど、

生活のためにそうは言っていられないって私が言うので、

じゃあ、どうすれば良いのか?って考えてくれているらしいです。

でも、何の名案もなく、「じゃ、また来てください」とのこと。

今回は、どうしても言いたい事と聞きたいことがあって、

ノートに書いていったので、そのことを聞いてきました。

「根を詰めないように。自分への逃げ道を作っておくように」とのこと。

それが難しいのよね…。

そして、最近、ますます疲れやすくなって、週末になると具合が悪くなることを話すと

「そりゃそうでしょう。疲れると思いますよ」と。

だから、休めるようにって考えてくれているんでした。

それにしても、このところの疲れ具合は半端じゃないかも。

今朝は血圧も上がらず、最高血圧が72で最低血圧が58で少々驚きでした。

心臓から充分に血液が送られていないってことですよね。

これからの忙しい時期に身体が持つのかしら?

てか、持たせないといけないんですけどね。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする