思い出深い会社への最終出勤

今日は勤務している会社の最終出勤日でした。

わずか2年弱の勤務でしたが、忘れることが出来ないであろう会社となりました。

勤務開始と同時のように子宮体がんに罹患していることが分かり、またクビかな?と思っていたら、快く1か月の休業を認めてくれ、その後の抗がん剤の追加治療も「どのような体制にすれば続けていけるか一緒に考えましょう」と言ってくれて、どんな副作用がいつ出るか分からない治療中も契約を更新してくださって、勤務が続けられるように、社内中の人が協力してくださいました。

歩くのも辛く、頭も働いていなかった副作用の中、ちゃんと勤務出来たのは、急に具合が悪くなったとしても嫌味を言ったり、嫌な顔をする人がいなかったから。

もし、ひとりでも「また~」って顔をする人がいたら、それだけでストレスで勤務を続けることはできなかったでしょう。

じゃあ、なぜ、そんな良い会社を辞めるのか?と聞かれるのですが、「契約終了」だから。

昨年がそうだったように、来期も同じようなプロジェクトが取れれば、勤務させてもらえるのかも知れませんが、また、いつ病気になるか分からないと思うと、1年のプロジェクト終了が近づくたびにドキドキしなければいけない勤務形態は精神的に良くないな~と思い、就職活動をしたところ、奇跡的に働かせてくれる会社が見つかったからですね。


夕方、みなさんに挨拶していた時に、次の仕事のことを聞かれ、仕事内容などを話すると、みなさんとても喜んでくださって

「やっぱ、そんな仕事をするべきだよ。この会社では、あまり能力を活かす仕事はなかったかも知れないけれど、これからはドンドン人前にでるような仕事をしていくのが良いと思う」と言ってもらえました。

お世話になった会社を去るのに、暖かい言葉までいただけて、私ってホント幸せ者だ(^^)

ふたつめのがんが見つかった時に、この会社で働いていたのは幸いだったと感謝でいっぱいでした。

一生、忘れることはできないでしょう。

ありがとう。。

———–
 いつもありがとうございます。
↓ポチッと2つ応援していただければ喜びます。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 春一番 より:

    いい出会い、といい別れ!
    そしていい思い出が出来ましたね!
    なんかこっちまで嬉しくなってきました。

    • 桃杏 より:

      春一番さん、こんにちは(^^)

      抗がん剤の副作用の想い出を上回る
      良い想い出ができました。

      他人を理解する姿勢って重要ですね。

      ありがとうございます。

  2. おこちゃんちゃん より:

    お疲れ様でした!
    皆が、良くしてくれたのは、桃杏さんが、頑張っている姿を見せられたからでしょう。
    イイ会社のムードで、終了が勿体ないですが、桃杏さんの力で、人前にでた方がいいと言われて、嬉しかったでしょうね!
    (*^▽^*)

    • 桃杏 より:

      おこちゃんちゃんさん、こんにちは(*^_^*)

      おかげさまで体調は戻ってきています。

      みんなが良くしてくれたから、早く元気になって役に立ちたいと思い
      がんばってこれました。
      終了は勿体ないのですが、前に進むためにも思い切りました。

      あの会社に入社した時は、人前に出る仕事をさせる
      つもりだったようですが、想像以上に動けなくなったので
      内勤に切り替えてくださいました。
      ありがたいです。

  3. 小梅 より:

    桃杏ちゃんおはお^^ 読んでてほんとよかったなぁとこちらまで嬉しくなりました。
    温かく迎えられ 温かく送りだしてもらえ ほんとに温かい会社だったんだね。次の仕事へもよりやる気が湧いてきたんじゃないかなと思う。  ほんとよかったよかった。(^-^)

    • 桃杏 より:

      小梅ちゃん、こんにちは(*^。^*)

      ありがとう。
      本当に不幸中の幸いだったと言うか、理解ある会社に勤めていて良かったよ。
      半分くらいしかマトモに働いていなかったかも知れないけれど
      一生忘れられなく、これからの自信にもつながった2年間でした。

      ありがたいありがたい。