20年目の春

今日5月2日は、X JAPANのhideさんが旅立った日。

そして、今年は没後20年。

築地本願寺の長い長い列に友人と並んで、すぐに帰宅しなければいけない人の

献花を預かったのが、つい昨日のようなのに、

もう20年も経ったのか…と驚きです。

hideさんがいなくなって、X JAPANが再び演奏することは永遠にないだろうと

思っていたけれど、見事に大復活。

SUGIZOさん、ありがとうございます。

あの人たちを見ていると、私でも出来ないことなんて何一つないのではないか?って

思えてくるから不思議です。

そして、ボーカルのToshlの洗脳問題について、いまいちよく知らないままだったので、

先日から、「洗脳 地獄の12年からの生還」を読んでいます。

でも、何だか辛くて苦しくて、なかなか読み進められません。

終盤の

これまで12年間過ごした日々の何もかもを、思い出すことなく、すべて消してしまいたい。Toshlという人間の存在すらも、この世から消してしまいたい

には、激しく共感して苦しくなってしまいました。

でも、ToshlにはYOSHIKIやX JAPANのメンバーや仲間たちがいた。

再会して心が通じたのは、hideの想いもあってのことだろうと感じます。

きっと、hideさんはお空からハラハラと心配していたんだろうなって。

人生に「もし」はないですが、もし、今の時代にhideさんがいたら、

何を想っていたでしょうね。

私にも生まれ変われることがあるとしたら、また、hideさんたちと同じ時代に

生まれてきたい。

だから、それまで、もう少しがんばってみる。

また春にあいましょう

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする