ドクターストップに飛びつき自己嫌悪

前の職場を退職してから3か月以上が経ち、

新しく就職先を探そうという気はなく、

かと言って、思うことに向かって進むでもなく、

ただ、ダラダラと過ごしていました。

 

これじゃだめだと思い、勉強のために毎日出かけていましたが、

その先で、「自己開示」なる問題にであいました。

 

自己開示とは、自分の心のことを他者に話をすることですが、

私は隠そうと思うことはなく、聞かれたら正直に話するし、

聞かれなくても話しても大丈夫とか、話したいと思った相手には話をします。

でも、その自己開示が良く分からなくなってしまいました。

 

そのうちに、一緒に勉強をしている仲間との関係が分からなくなったのと、

自己理解をしようとすればするほど、今の自分とのギャップが出てきて、

やり直そうにも、やり直し出来ないことばかりに意識がいって、

なぜ、安定していた環境を手放したのか?とか考え始めて、

苦しくて仕方ない状態になってきました。

 

そして、それを心療内科の先生に話をしたところ、

今は次の準備の時期で、これまでの疲れが激しすぎて、

戻るのに時間がかかっているだけで、焦る必要はないし、

もっとゆっくりしなさいとのこと。

そして、このまま勉強を続けるのは危険だと。

だから、その言葉にしがみついてサッサと逃げ出しました。

 

でも、その途端、心の中にずっと張り付いていたものが取れた気がして、

スッキリして、変に眠かったのが治まってきました。

そして、3週間くらい前から聴覚過敏になっていて、

少しの音でも耳障りに感じていたのが緩和されてきました。

どれだけ私の中でストレスになっていたのか分かった気がします。

また逃げたことに関しての自己嫌悪はあるものの、

進むための撤退と考えて振り返るのは止めようと思います。

 

何かを始め続けるには、まず自分自身が癒されていなければいけません。

体調や心の状態が悪くては、人の話は聞けないし、継続することもできません。

 

もう少しの間、ゆっくりしましょう。

そして、人の手を借りる素直さを身につけましょう。

 



スポンサーリンク スポンサーリンク
カテゴリー: こころ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA