私の体調不良はがんとは関係ない

私は子どもの頃からストレスで自律神経が乱れて

体調が悪くなることが多くありました。

それは、大人になっても同じで、子どものころと違うのは

体調不良になりそうな時や、具合が悪くなった時の

自分なりの対処法を見つけて体調不良と付き合うことが上手になったこと。

 

それでも、この数か月の不調は自分でもコントロールするのが難しいです。

この数か月は、体調が悪いというよりも、気力がなくて体調が悪く、

でも寝込むほど悪い体調ではなく、動くことはできるし、

外に出たら、それなりに過ごすことができるので、

いつもの具合の悪さとは違い、原因も対処法も分からず困っています。

 

このところ勉強に行っているところでも、起きて座っていることが辛く、

頭痛もあるので、一日体調が持つかどうかが悩みの種です。

不安だ不安だと思うと余計に体調が悪い気がしてくるので、

とりあえず、目の前の課題だけに集中しようとするけれど、

その他の雑念に囚われてしまって、それも難しくて困ります。

 

 

周りの人は、私ががんに罹患したことがあると知ると、

私の体調が悪いのは「がん」のせいだと納得するらしいですが、

私がしょっちゅう体調が悪くなるのは、生まれつきの私の問題で、

がんとは関係ありません。

そりゃ、子宮体がんの抗がん剤や乳がんのホルモン治療で

極端に体力が奪われてしまったことがありますが、

それでも、体調が悪いのは、元々の私の問題であって、

がんとは関係ないです。

 

それをなかなか分かってもらえないし、私も伝えきれないし、

分かってもらおうと思うのも疲れるので止めました。

 

でも、それじゃダメなんですよね。

がんに罹患したら、私のように毎日体調が悪いのだと思われたら、

現在進行形でがん治療しながら元気に働いている人たちに申し訳ないです。

 

私はがんに罹患してから、がんだという事で会社をクビになったりして、

なかなか仕事が決まりませんでした。

でも、それも私の問題であって、仕事が見つからないタイミングで

たまたまがんに罹患しただけで、がんとは関係ないと思っていたのですが、

やはり、がん患者への偏見と差別は感じたので、

だったら、逆にがんに罹患したことを逆手にとって生きていくと決めました。

 

それで、今の私は、がんに罹患したことや病気を武器にして生きています。

だから、私とがんは切ってはいけないものだと思っていました。

でも、がん治療してきたという事実だけは大事にしながらも、

がんと距離を置いた生活をしていかなければいけないと気が付きました。

 

それでも、私の体験したことで、これからがんの治療に臨む人や、

がん治療しながら働けるのだろうか?とか思っている人に、

病気と共存しながら、元気に生きていけると知ってもらいたい。

 

そして、がんは少し治療が大変で、社会からの支援が必要なことがある。

がん対策基本法により、職場などでの理解は進んでいるものの、

まだまだこれからの対策が必要だし、そのために、職場などの体制や

がんに対する意識を変えていってもらえるようにしていきたい。

 

引きこもり気味になってしまった私がどこまでできるか分からないけれど、

伝えたい想いは大切に生きていきたい。

 

そのためにも、私の中での病気に対する立ち位置を変えていかないといけないようです。

 

がんなどの病気になってもならなくても、同じように生きていける

世の中になりますように。

 



スポンサーリンクスポンサーリンク
カテゴリー: こころ タグ: , パーマリンク

私の体調不良はがんとは関係ない への4件のフィードバック

  1. のんチャン のコメント:

    今晩は、桃杏さん。
    がんに罹患すると、「体調不良=がんの為」と思われがちですよね。
    本当は、まったく違うのに。

    最近、「体調不良=がんの為」という「単純化した思考」のほうが、分かり易く、納得しやすいのかな?という、気がしています。
    それは桃杏さんのことを気にかけているのではなく、その人自身が納得しやすい、という意味なのですが。

    私の場合「メンタルが強い=体も丈夫」と思われているらしく、胃腸の調子が悪いとか頭痛持ちと言っても、余り信じてもらえません。
    ストレス過多で、胃薬のお世話になっている、と話しても信じてもらえない(涙)。

    あるキーワードから、その人を「単純化した見方」をする社会傾向があるのかな?という、気がしています。

    • 桃杏 のコメント:

      のんチャンさん、こんにちは。

      確かに、体調不良=がんの為と思われたほうが分かりやすいし、
      自分でも納得しやすいので楽です。
      だから、あえて否定もしていなかったのですが、
      他のがんに罹患した人がみんな私のようだと思われたら大変なので、
      ちゃんと否定しなければいけないって思いました。

      そうですよね。
      単純化した見方をする社会傾向があるのかも知れませんね。
      みんな同じような型にはめて考えると言うか…。
      そのほうが楽なのでしょうね。

  2. アキ のコメント:

    今晩は

    この前の癌検診行って参りました(*^_^*)問題無く、主治医様から『5年ですね!!これで検診は卒業です』長い長い5年でした。

    私の場合は癌になった時から体調の良い日は無いんです…卵巣も取ってるので自律神経からの影響が大きいかな?でも頑張ってお仕事されてる方も沢山いて頭が下がります。天気が良くても何処に行きたいとも思わず引きこもって『このままじゃダメになってしまう』でも何か始めようと考えると目眩だったり頭痛で身体が邪魔するんです。まだ時間がかかりそうです(;_;)桃杏さんはいつも前向きです。大きな壁にぶち当たっても乗りこえる強さのある方だと尊敬しています。生きていると体調悪い時期もあります。無理しないで進んで下さいm(_ _)m

    • 桃杏 のコメント:

      アキさん、こんにちは。

      無事に5年目を迎えられて良かったです。

      がんに罹患してからの経過は、人によって様々ですから、
      体調が戻るのに時間がかかる人はたくさんいらっしゃるんでしょうね。

      眩暈や頭痛は身体を動かす気がなくなりますし、動くと危険ですから、
      外出などを躊躇するのも仕方ないですよ。
      無理しすぎないでくださいね。

      私もゆるゆると進んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA