ずっと孤独だった

先日、盲ろうの人の話を聞く機会がありました。

いろんなことが衝撃だったのですが、その中でも、ズキンときたのが、

「私は、ずっと孤独でした」という言葉。

私も治療中に感じた途方もない孤独。

そんなものとは比にならないでしょうけれど、あんな孤独を何年も感じながら

生活していたのかと思うと、心が痛みます。

会社で仕事をしている期間も、「辛抱を続けていた」と。

辛抱は誰でもあると思うけれど、辛抱の度合いが違います。

今は、友や周りのサポートにより、現在は楽しみの中、

周りのサポートに感謝して暮らしているとのこと。

それが、とても羨ましいです。

今の私には楽しみなんて程遠く、周りのサポートに感謝することも忘れることがあり、

ただ流れで暮らしているだけです。

もっと、真剣に時間を過ごさないといけません。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする